サッカーの第97回全国高校選手権福井県大会は10月28日、丸岡スポーツランド(坂井市)で準々決勝4試合を行った。藤島が昨年準優勝の福井工大福井を3―1で下し、2007年以来11年ぶりの4強進出。このほか丸岡、北陸、福井商業が準決勝へ駒を進めた。

 ⇒高校サッカー福井県大会トーナメント表

 丸岡は武生工業を10―0で圧倒し、優勝した2015年以来の4強入り。3連覇を狙う北陸は福井高専を5―0で破った。福井商業は大野を6―0で退け、2年ぶりに準決勝へ進んだ。

 準決勝は11月4日、テクノポート福井芝生広場(坂井市)で行われる。決勝は11月11日にテクノポート福井スタジアム(同市)。

▽準決勝のカード
丸岡―北陸(午前10時半)
藤島―福井商業(午後1時半)
※当初の予定から時間変更(県協会10月29日発表)

関連記事