サッカーの第97回全国高校選手権福井県大会は10月27日、丸岡スポーツランド(坂井市)で2回戦8試合を行った。過去28度の全国出場を誇る第1シード丸岡や、3連覇を狙う第4シード北陸が順当に8強入りした。

 ⇒高校サッカー福井県大会の組み合わせはこちら

 丸岡は敦賀工業に8―0で大勝。昨年まで2年連続で初戦敗退の憂き目を見ており、優勝した2015年以来の福井県大会勝利を挙げた。北陸は昨年4強の敦賀気比を3―0で退けた。

 11年ぶりの頂点を狙う第2シード福井商業は啓新を延長の末に4―2で破り、昨年準優勝の第3シード福井工大福井は武生東を8―0で圧倒した。

 28日に同会場で準々決勝、11月4日にテクノポート福井芝生広場で準決勝、11月11日にテクノポート福井スタジアムで決勝を行う。

 ▽2回戦の結果
 丸岡8―0敦賀工業、武生工業3―2武生、北陸3―0敦賀気比、福井高専2―1羽水、藤島1―0若狭、福井商業4―2啓新、大野7―1高志、福井工大福井8―0武生東

関連記事