ボルトン米大統領補佐官(UPI=共同)、マティス米国防長官

 【ワシントン共同】米外交誌フォーリン・ポリシー電子版は25日、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と部下のリカーデル副補佐官が、マティス国防長官の辞任を狙って早期辞任説を流すキャンペーンを展開していると伝えた。辞任は11月の中間選挙後との情報がある一方、更迭されるまで辞任しないとの声もあるという。

 同誌によると、ボルトン氏は国防総省の人事を巡り、マティス氏とたびたび衝突。ボルトン氏はマティス氏について「トランプ政権の思想と合わない」と見なし、早期辞任説を流すことで「マティス氏はもう終わりだ」という雰囲気をつくろうとしているという。

関連記事