巨人の育成4位指名を受け、チームメートに祝福されガッツポーズする敦賀気比高の黒田響生選手=福井県敦賀市の同校

 「ここからがスタート。気を引き締めてやっていきたい」。プロ野球ドラフト会議で巨人から育成4位指名を受けた敦賀気比高の黒田響生選手は10月25日、福井県敦賀市の同校での記者会見で、ほっとした表情を浮かべながらも、「1年目で支配下登録されるのが目標」と意気込みを語った。

 同校の一室で東哲平監督や両親と指名を待った。本指名が終わると、巨人のスカウトから東監督に育成で指名すると連絡があった。小学時代から夢だったプロ野球選手。名前が呼ばれた瞬間は「ほっとした」。それと同時に涙が出た。「巨人はいつもテレビで見ていた憧れのチーム。うれしい」。

 目標とする選手は同じ巨人の坂本勇人内野手。「まずは守備を磨いて、坂本選手のように打てて守れる内野手になりたい」と黒田。東監督は「まだ体は細いし、育てがいのある選手。厳しい勝負の世界なので一日も無駄にせず守備を磨いて、日本を代表する選手になってほしい」と背中を押した。

関連記事