医学部医学科の学士編入学試験で、前年度と全く同じ問題を出題したことを謝罪する福井大学の中田隆二理事(中央)ら=10月25日、福井県福井市の福井大文京キャンパス

 福井大学が9月に行った医学部編入学試験で、前年度と全く同じ問題を出していたことが10月25日分かった。同大は公正さや公平さを欠く不適切な出題だったとして謝罪。受験した212人全員を11月に行う最終選考の有資格者とする。

 同大が同日会見して明らかにした。学内調査委を設けて経緯を詳しく検証し、関係者の処分を検討する。

 同大によると、前年度と同じ問題を出したのは、9月15日に行った2019年度医学部医学科学士編入学試験の1次選考。学力検査の大問5問全てが一字一句同じだった。

 問題作成に当たる医学部6教授によるワーキンググループ(WG)が試験1週間前の9月7日、前年度と同じ問題を出す方針を決めた。医学部長を委員長とする医学部入試委員会には報告しなかった。

 学力検査後の10月4日深夜、同じ問題だったと指摘する匿名のメールが入試担当者に届いたが、医学部長への報告が9日と遅れた上、大学は当初の予定通り12日に合格発表を実施。16日に不適切な出題だったと判断した。

 12日に合格が発表された18人の最終選考は11月3日に予定通り行うほか、不合格とされた194人も最終選考の有資格者とし11月10、19、25日の希望日に選考を行う。合格発表は12月7日に遅らせる。

 入試担当の中田隆二理事らが福井県福井市の福井大文京キャンパスで記者会見し謝罪した。内木宏延医学部長は「WGは前年度の問題が良問だったためとしているが、さらに良い問題を作るのが当然で、短絡的、独善的な判断だった」と述べた。眞弓光文学長は「深く反省し再発防止に努める」とのコメントを出した。

 同大は18年度の同学科学士編入学試験でも、学力検査の大問5問中、4問で2~10年前の問題を使ったと明らかにした。WGは医学部入試委員会に知らせていなかった。

 編入学試験では問題は公開せず、試験後に回収していた。

 試験は大学卒業生らが対象で、合格すれば2年次に編入できる。19年度の募集人員は5人。

関連記事