【ソウル共同】韓国の大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は25日までに、日本にある企業(外資系を含む)の96%が韓国人の採用を希望しているとの調査結果をまとめた。日本は人材不足が深刻化しており、若者の失業率が高止まりする韓国で就職試験の機会を設けるなど、韓国人を積極的に採用する動きも出ている。

 調査対象は東京や愛知、大阪、福岡などにある企業177社で、うち日本企業は約160社。業種はITや製造業、観光業が中心となっている。既に83・6%が韓国人の雇用実績があり、70・6%の企業が韓国人を採用した結果に満足していると回答した。

関連記事