福井県警福井署は10月24日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)、ひき逃げの疑いで同県福井市、会社員の男(36)を逮捕した。同署によると容疑を認めている。

 逮捕容疑は23日午後9時ごろ、同市荒木新保町の国道158号交差点で軽ワゴン車を運転し、信号待ちの軽乗用車に追突。運転していた同市の女性(34)に軽傷を負わせ、救護措置を取らず逃げた疑い。

 同署によると、男は追突後、左折していったん止まったが逃走。30分ほどして妻の運転で現場に戻ってきた。車は勤務先の社用車で、男は帰宅途中だった。

関連記事