現役引退を表明した市田佳寿浩

 競輪でGIを制覇するなど長年トップ選手として活躍した旧春江工業高校出身の市田佳寿浩(43)=福井県坂井市=が10月23日、現役引退を表明した。

 市田は日本競輪学校で76期生トップの成績を残し、1995年にプロデビュー。先行型の選手として頭角を現し、2010年の寛仁親王牌でGⅠ初優勝を飾った。度重なるけがから復活を遂げ、「不死鳥」と呼ばれた。

 昨年3月に高松のレースで落車し、右脚に大けがを負った。今年5月、地元福井でレース復帰したが、7月にはS級からA級に降格。9月に和歌山のレースで落車して以降は欠場していた。

 プロ生活23年の市田は「ここまで走ることができて幸せだった」とコメント。けがもあり「最後は身体的に引退を覚悟した」とし、今月12日に主治医と相談してから決断したと明かした。

 10年のGⅠ制覇については「人生をかけたレースだった」と感慨深げに振り返った。今後は未定だが、指導者を含め自転車競技に携わりたい意向を示した。

関連記事