横断しようとする自転車がいるにもかかわらず、一時停止せず横断歩道を通過する違反車=10月24日、福井県福井市若杉4丁目

 福井県福井市栗森町の県道交差点で10月16日、横断歩道を歩いて渡っていた女子中学生2人が車にはねられた事故などを受け、福井県警は道交法違反(横断歩行者妨害)の取り締まりを強化している。24日には同市若杉4丁目の県道で、横断歩道を渡ろうとする歩行者がいるにもかかわらず一時停止しなかった運転手11人を摘発した。

 栗森町の事故は、生徒が歩行者用信号が青で渡っていたのに、軽乗用車が横断歩道に進入したとみられる。道交法では、横断しようとする人がいる時は一時停止が義務付けられている。

 24日の取り締まりは登校時間の午前7時半~同8時半、見通しのよい直線道路で行われた。横断歩道の脇に中高生らがいるにもかかわらず一時停止しなかった運転手に、福井南署員が青切符を切った。横断歩行者妨害の違反点数は2点で、反則金は9千円(普通車)。

 署員によると、違反者は「歩行者に気付かなかった」「気付いていたが通過しても大丈夫だと思った」などと話した。同署の西山晋太郎交通課長は「ルールを知りつつ守らない運転手が多い。取り締まりと周知を強化していく」と語った。

 このほか携帯電話使用2件、シートベルト装着義務違反4件を摘発した。県警によると、横断歩道での人身事故は昨年、県内で47件あった。

関連記事