22日午前9時20分ごろ、東海道新幹線の広島発東京行きのぞみ114号で「拳銃を持った人物がいると聞いた」と乗務員から110番があった。愛知県警が列車が名古屋駅に停車した際、拳銃を持っているとされた男性乗客から聴取したところ、仕事で移動中の大阪府警の警察官で、拳銃を携行していたと判明した。列車に遅れが出る騒ぎとなった。

 中村署の担当者は「警察官は私服で、ルールにのっとって拳銃を携行していた。目撃した乗客は念のためと思って連絡したのかもしれないが、警察官が通報される事案は聞いたことがない」と驚いていた。

関連記事