英王室のメーガン妃(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英王室は、ヘンリー王子(34)と共にオセアニア4カ国を歴訪中のメーガン妃(37)の今後数日間の公務を「わずかに」削減すると明らかにした。英BBC放送が21日伝えた。

 王室は15日、メーガン妃が第1子を妊娠しており、来年春に出産予定と発表していた。

 夫妻は15日にオーストラリアのシドニーに到着。月末にかけて16日間で76の公務が予定されている。王室報道官は忙しい日程を考慮して「2人が決断した」と述べた。

関連記事