サッカーの全国社会人選手権は10月20日、茨城県のひたちなか市総合運動公園などで開幕し、1回戦16試合が行われた。北信越代表で福井国体覇者のサウルコス福井はFC TIAMO枚方(大阪)を2―1で下し2回戦に進出した。

 サウルコスは前半12分、MF吉田旭陽、FW御宿貴之とつなぎ、FW松尾篤が先制点。同22分、吉田のパスを受けた松尾が追加点を挙げた。後半ロスタイムに1点を返されたがリードを守り切った。

 2回戦はNIFS KANOYA FC(鹿児島)と対戦する。

 大会は各地域予選を勝ち抜くなどした32チームのトーナメント戦で40分ハーフで行う。2019年茨城国体のリハーサル大会として24日まで行われる。

関連記事