「EYEsCLOUD」イメージキャラクターの畠山愛理さん

 眼鏡企画販売のハグ・オザワ(本社福井県福井市下河北町、小澤英夫社長)は、主力ブランド「EYEsCLOUD(アイクラウド)」のイメージキャラクターに、元新体操選手でタレントの畠山愛理さんを起用した。

 アイクラウドは、軽くて弾力のあるウルテム樹脂を使ったしなやかな掛け心地が特長。新体操の日本代表「フェアリージャパン」のメンバーでロンドン、リオデジャネイロ五輪に出場し、現在はスポーツキャスターとして活躍する畠山さんのイメージとぴったりだったことから、キャラクターに選んだ。

 10月22日に東京・有明の東京ビッグサイトで開幕する眼鏡の国際総合展「IOFT2018」で、アイクラウドの新作とともに畠山さんの大型ポスターや等身大パネルを展示し大々的にお披露目する。

 同社の重久能輝専務は「アイクラウドのイメージキャラクターには、美しくて落ち着きがあり、やわらかな印象の畠山さんしかいないと思い、オファーし実現した。今後は畠山さんの意見を取り入れた新商品の開発も考えたい」と話している。

関連記事