子どもに投げ方をアドバイスする牧田明久さん(右)=10月20日、福井県福井市のハピリン

 コンピューターゲームの腕前を競う「第1回ふくいeスポーツ野球大会」の関連イベントで、プロ野球元楽天イーグルス選手の牧田明久さん=鯖江高出身=を招いた少年野球ワンポイント教室が10月20日、福井県福井市のハピリン2階しあわせ広場で開かれた。地元の少年野球チームの児童ら約20人がピッチングやバッティングについて、トップレベルの視点から指導を受けた。

 教室には福井市の軟式野球チーム「円山ブレイズ」の小学1~5年生のメンバーらが参加。牧田さんはボールの握り方に始まり、スローイングの足の踏み出し方など基礎から指導した。

 ボールを使った講習では選手一人一人の投げ方を見て、腕の振り方やひじの位置などを丁寧にアドバイス。「大きく腕を回して」「投げ急がずに間を取って」などと声を掛けていた。

 円山ブレイズの坪井康大郎主将は「投げるときの下半身の体の動かし方が勉強になった。これからの練習に生かしていきたい」と話していた。

 牧田さんは教室の後、ふくいeスポーツ野球大会の試合の解説を務めた。

関連記事