建設中の越前市役所新庁舎=10月18日、福井県越前市府中1丁目

 油圧機器メーカーのKYBと子会社による免震・制振装置データ改ざん問題で、10月19日公表分のリストに福井県内の建物は入っていなかった。同社製の装置を設置している杉田玄白記念公立小浜病院(小浜市)と越前市新庁舎は、不正の疑いが確認できないままとなり、関係者は戸惑いを募らせている。

 不正な装置が使われている可能性がある県内の建物は、免震用5件と制振用1件の計6件あることが、16日に国土交通省やKYBから発表されている。

 9階建ての新館にKYB製の免震装置が使われている杉田玄白記念公立小浜病院の担当者は19日夕、「(今回未公表だった物件も)早く調査結果を知らせてほしい」と漏らした。

 同病院は18日から数回にわたってKYB本社に直接問い合わせているが、同社は「調査中」の一点張りで、結果公表の可否に関する意思確認すらない状態という。病院の担当者は「万一、基準に満たないオイルダンパーなら、早急に交換する必要があるのに」と戸惑っている。

 建設中の越前市新庁舎は、同社のオイルダンパー71基を使用する計画で、うち9基は既に設置済み。市の担当者は「KYBから公表の了解を取るような連絡は何も受けていないので、新庁舎の装置は問題ないと受け止めている。ただ、必要な性能が間違いなくある装置なのか確認するため、文書と面談での回答を求めている」と話した。

 2019年10月末の完成予定の工期については「施工業者とは、求められた性能の建物が工期内に完成するという契約を結んでいる。正しく契約が履行されるものと考えている」と、遅れは生じないとの認識をあらためて示した。

関連記事