山口さんのスズキ魚拓

寺元さんのマダイ魚拓

【越前海岸】カマスは崎、梶、安島、雄島など三国を中心にサビキやメタルジグで25センチ級が10~20匹。アジは崎、鷹巣、長橋、南菅生、白浜で20センチクラスが夕方~夜~明け方にかけて20~30匹。アオリイカは胴長20センチ超えも珍しくない。3~3・5号の餌木を使い、鷹巣、長橋、白浜、鮎川、大丹生、米ノなどの港や地磯で5~10匹。キスは三里浜で8~18センチが20匹前後。寺元孝憲さん(坂井市)は東尋坊で83センチのマダイ=魚拓●。

 

【福井新港】第2排水口、サッカー場下、パイプライン、北防などで15~20センチのアジが回遊。日によってムラがあるが、朝夕まずめに10~20匹。ワームやミノーを使ったアジングで攻める人も目立つ。タチウオ、サゴシもまずまず。チヌはパイプライン、第2排水口、北防で25~35センチ。グレも20センチ級が2~8匹。

 

【嶺南】佐田の沖テトラで26~45センチのチヌ17匹、26~30センチのグレ5匹。小浜新港で10センチ程度の小アジと20センチ前後のサヨリ。サゴシが回っており、メタルジグを使って狙う人も。アオリイカのエギングは釣姫、田烏、若狭大島などで1、2匹。カマスは西津、阿納、若狭大島でキビナゴを餌に30センチ。サヨリ、マゴチ、タケノコメバルがよく交じる。

 

【河川】北川、南川河口は30~70センチ級のスズキ。九頭竜川では山口邦夫さん(福井市)が90センチ=同●。アユはシーズン終盤。日野川の上平吹橋上流で16~23センチが18匹。

 

越前海岸
カマス、アオリイカ
福井新港
チヌ、アジ
嶺南
サヨリ
アオリイカ
河川
スズキ
関連記事