杉田玄白記念公立小浜病院の新館=福井県小浜市大手町

 油圧機器メーカーKYBによる免震・制振装置のデータ改ざん問題で、福井県小浜市の杉田玄白記念公立小浜病院でも同社製の免震装置が使われていることが10月18日、同病院への取材で分かった。2007年に完成した鉄筋コンクリート造り9階建ての新館の地下に、同社のオイルダンパー16基が使用されているという。

 同病院は「施工業者を通じ、仕様通りの基準になっているか調査中」としている。

 また、同県越前市が建設中の新庁舎に不正の可能性がある装置が一部設置済みであることが18日、市への取材で分かった。データが改ざんされた製品か設計・監理会社を通して確認しており、該当した場合、取り換えを求める。

 市によると、新庁舎には建物の骨組み内に同社の制振用のオイルダンパー71基を使用する。このうち19基が工事現場に搬入され、既に9基は所定の位置に据え付けていた。新庁舎は鉄骨造り6階建てで、2019年10月末の完成予定。市は工事日程に遅れが生じる可能性はないとしている。

 国交省やKYBが16日発表した、不正な装置が使われている可能性がある福井県内の建物6件に、杉田玄白記念公立小浜病院や越前市の新庁舎が含まれるかは分かっていない。

関連記事