17日午前の東京株式市場で、油圧機器メーカーのKYBの株式に売り注文が殺到した。買い注文が不足して売買が成立せず、値幅制限いっぱいのストップ安水準に当たる、前日終値比700円(18・0%)安の3195円の売り気配で推移して午前の取引を終えた。免震・制振装置の性能検査記録データ改ざんを受け「業績への悪影響に懸念が広がった」(ネット証券)という。

 KYBは16日午後、データ改ざんについて発表した直後から売りが膨らみ、16日は終値で前日比11・5%下落して今年の最安値を更新していた。

関連記事