第139回北信越地区高校野球大会は10月14日、新潟県内で準々決勝4試合が行われた。福井県勢は啓新(福井3位)が遊学館(石川2位)を3―2で振り切り初の準決勝進出を決めた。福井工大福井(福井1位)は1―8で上田西(長野1位)に7回コールドで敗れた。

 県外勢では星稜(石川1位)のエース奥川恭伸が松本第一(長野2位)に対し、先頭打者からの10者連続三振を含む5回13奪三振、被安打1だった。日本文理―東海大諏訪は1―1で迎えた九回裏、東海大諏訪が1点を奪いサヨナラ勝ちを収めた。

 20日に準決勝、21日には決勝がともにハードオフエコスタジアム新潟で行われる。

【14日、準々決勝の結果】
松本第一(長野2位)
000 00…0
511 4X…11
星稜(石川1位)
(5回コールド)

日本文理(新潟1位)
001 000 000…1
000 000 101X…2
東海大諏訪(長野3位)

福井工大福井(福井1位)
010 000 0…1
020 060 X…8
上田西(長野1位)
(7回コールド)

遊学館(石川2位)
010 001 000…2
100 010 10X…3
啓新(福井3位)

【20日の日程】
▽準決勝
啓新(福井3位)―上田西(長野1位)
(午前10時、ハードオフエコスタジアム新潟)

星稜(石川1位)―東海大諏訪(長野3位)
(午後0時半、ハードオフエコスタジアム新潟)
*時間は開始予定

 ■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、第139回北信越地区高校野球大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

関連記事