第139回北信越地区高校野球大会は10月14日、新潟県内で準々決勝を実施。三条パール金属スタジアム第2試合は福井工大福井(福井1位)は上田西(長野1位)に1―8で敗れ、準決勝進出はならなかった。

福井工大福井
010 000 0…1
020 060 X…8
上田西

■福井工大福井 高木寛斗、垣外中健心―大上岳人
■上田西 阿部巧雅―宮坂愛斗

▽本塁打 藤井翼(福井工大福井)、小林裕貴(上田西)

→勝ち上がりはこちら

 福井工大福井は二回、藤井翼の左越え本塁打で先制したが、先発の高木寛斗が二回、上田西打線に連続適時打を浴び逆転を許した。五回には小林裕貴の3点本塁打など打者一巡の猛攻を浴び、大量6点を失った。

 打線は三回以降、何度も得点圏に走者を出したものの反撃できなかった。

関連記事