西日本最大級屋内音楽フェス「MUSIC TRIBE 2018」で歌唱する荒巻勇仁さん=岡山県岡山市

 北陸高校(福井県福井市)の荒巻勇仁さん(17)が、9月29日に岡山県岡山市で開かれた西日本最大級の屋内音楽フェス「MUSIC TRIBE 2018」に出演し、プロ歌手としてのスタートを切った。3千人によるオーディションを突破。テレビやライブで人気のアーティストと同じ舞台に立ち、自ら作詞したデビュー曲「ストレリチア」を披露、持ち味の力強い高音を会場いっぱいに響かせた。30日には配信シングルをリリースした。

 フェスは、岡山県出身のアーティスト「Lugz&Jera」さんや芸能プロダクションを中心とする実行委員会が2011年から開催している。プロデビューを目指す新人アーティストの登竜門にしようと、今年初めてオーディションを企画、荒巻さんは約3千人の応募者の中から最年少で合格した。

 荒巻さんは小学生の頃から歌手を夢見ていた。憧れの存在は秦基博さん、米津玄師さんら。ユーチューブなどで歌を覚え、音楽アプリに歌声を数多く投稿してきた。高校3年になり、歌手を目指すか、またはピアスなど小物作りの趣味を生かして伝統工芸作家の道を進むか…と進路について思い悩んでいたとき、「本当に好きでやりたい道を究めて生きなさい」との父(48)の言葉が背中を押してくれた。

関連記事