警察官をかたった詐欺とみられる不審電話が10月12日、福井県坂井市内で2件確認された。キャッシュカードを預かろうとする不審電話は10日に富山県内で10件以上、11日に石川県内で数件確認されており、カード受け取り役の犯人グループが北陸地方を南下して移動した可能性がある。

 坂井市内の2軒の家に不審電話があったのは12日午後で、いずれも60代の家人男性が警察官をかたった詐欺と見抜き、すぐに電話を切って警察へ通報した。福井県警は11日、「県内にカードの受け取り役がやって来る可能性がある」と予想し警戒していた。

 富山、石川で確認された電話では、家電量販店の店員や警察官を名乗り「カードが悪用されている」「被害を止めるためにキャッシュカードを預かる」などと話していた。

関連記事