三輪さんのスズキ魚拓

【越前海岸】アオリイカは夜明けから朝まずめに通い詰める人に釣果がみられる。アジを使った餌釣りで胴長12~20センチが5~10匹。鷹巣~長橋~菅生~鮎川が狙い目。キスは三里浜が好調。8~20センチと大きさは期待できないが、15~50匹ほどの数釣りが可能。アジは白浜で20センチ級が2桁。

 

【福井新港】アジは日によってムラはあるものの、第2排水口、パイプラインで10センチが10~30匹。チヌはパイプライン~北防~第2排水口で。サンバソウなど餌取りは多いが練り餌を使って25~45センチ。

 

【嶺南】江良、白木で25~45センチのチヌが4、5匹。竹波でも30センチ前後のチヌ、グレが3~8匹。小浜新港などの波止場では小型のサヨリ、アジが好調。小浜湾内でメタルジグの遠投でサゴシ。筏(いかだ)のチヌも伸びており、仏谷、若狭大島で20~30センチが2桁。アオリイカは渋くなってきた。

 

【河川】落ちアユシーズンに入り、それを狙うスズキが活性化しつつある。九頭竜川、日野川で80~90センチ級の釣果。少し前の情報になるが、三輪哲史さん(福井市)が九頭竜川河口で91センチ=魚拓。

 

【沖合】三国沖でマダイ、アオハタ、キジハタ、レンコダイなどの多彩な魚種が釣れる。鷹巣沖でメジロが好調。

 

越前海岸
キス
アオリイカ
福井新港
チヌ、アジ
嶺南
サヨリ
アオリイカ
河川
スズキ
関連記事