『ar』11月号で“色素薄い系メイク”に挑戦したHKT48・指原莉乃

 アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(25)が、12日発売の女性ファッション誌『ar』11月号(主婦と生活社)に登場。自身の連載コーナーで、いま女子に人気の“色素薄い系メイク”に挑戦した。

【全身ショット】イベントで真っ赤なワンピで登場した指原莉乃

 毎号さまざまなテーマ別の撮り下ろしを行う連載「さっしーの部屋」で、今回は指原が「連載が始まってからずっと、ずっと」お願いし続けてきたという“色素薄い系メイク”が実現。普段とは印象の異なる表情を披露した。

 インタビューでは、「気持ちがものすごく満たされました」と念願がかなったことを喜び、「自分で言うのもなんか変だけど、儚げなで彼が思わず守りたくなる、今日だけはそんな女のコになれたかな」とコメント。お気に入りのあまり、このメイクのまま帰ることも打ち明けている。

 同号にはそのほか、女優の内田理央、松井愛莉、NMB48の村瀬紗英、俳優の千葉雄大、レギュラーモデルの乃木坂46・堀未央奈と欅坂46の今泉佑唯などが登場。表紙は女優の武井咲が飾っている。

関連記事