「20代部門」に選出された有村架純(C)ORICON NewS inc.

 女優の有村架純(25)が11日、都内で行われた『第16回 クラリーノ美脚大賞2018』表彰式に出席。健康的な美脚を持つ女性に贈られる同賞の「20代部門」に選出され、「正直、このような賞をいただけると思っていなかったので、びっくりしました」と恐縮しながら「ありがとうございます」と喜んでいた。

【動画】有村架純のスカート丈を中村、岡田が目測で測る

 式後の囲み取材でも「モデルさんでもないですし、平均的な体系なので…」と謙そんを繰り返した有村。「私服でも履かない」というミニスカートで美脚を披露すると「ソワソワしてます。落ち着かないですし、足に緊張感があります」と照れ笑いを浮かべた。

 また、ひと足早く今年を振り返り「『ひよっこ』が終わって、25歳になって、自分の中でも節目を感じた一年でした」と感慨深げに語りつつ「お芝居に対する取り組み方は変わらないですけど、心持ちというか、これから30代に向けて考えていかなきゃいけないんだなと節々に感じる一年でした。考えることは変わったかな」と確かな成長も実感していた。

 表彰式にはそのほか、ティーン部門の岡田結実(18)、30代部門の中村アン(31)、オーバーフォーティー部門の浅野ゆう子(58)ら受賞者も出席し、美脚の共演を果たした。

関連記事