『ダウンタウンなう』に出演する奥菜恵(C)フジテレビ

 女優の奥菜恵(39)が、12日放送のフジテレビ系『ダウンタウンなう』(後9:55)に出演。2度の離婚や現在の3度目の結婚生活、さらに週刊誌記者との攻防などを激白する。

【写真】ダウンタウンに過去の恋愛事業を激白する奥菜恵

 奥菜は、2004年に大手IT企業社長と結婚し、1年半で離婚。09年には同い年の会社員の一般男性再婚し、同年に女児、11年に次女を出産していたが、15年9月に離婚。翌16年3月に俳優の木村了(30)と結婚した。

 今では幸せな生活を送っているが、かつては週刊誌に数々のスキャンダルを報じられ、いつの間にか“魔性”のイメージがついてしまった過去を持つ。奥菜は当時について「(週刊誌の記者が)ずっと家の下に張ってる感じだった」と振り返る。

 MCのダウンタウンと坂上忍は、奥菜の過去の結婚生活から慰謝料の話まで容赦なく切り込む。さらに、奥菜のすべてを知るという20年以上の友人・山田さん(一般女性)も登場。「魔性じゃなくて押しに弱いだけ」と奥菜の本性を暴露し、ぶっちゃけトークを連発させると、松本人志も「奥菜さん、よくきょう山田さん来るのOKしましたね」驚きの声をあげた。

 番組では、韓国人アーティストのジェジュンも登場。日本でかつて交際していた女優がいたが、二股をかけられていたこと、さらに別の時期に韓国で付き合っていた女優にも二股をかけられていた過去を明かし、一同を驚かせる。

関連記事