「逆転の金津」と言われるほど接戦に強い。福井県大会準々決勝で敦賀気比、準決勝で啓新にいずれも逆転勝ち。秋は2年連続出場の北信越大会で初勝利を狙う。

 エース石丸は直球、スライダーなどを低めに集め、打たせて取る。県大会は3試合に完投し、防御率3・00。前チームから遊撃手兼投手で走者を背負っても落ち着いた投球ができる。

 県大会のチーム打率は2割7分6厘だが、つなぐ打撃が持ち味。4番夛田は打率4割2分9厘で長打力と勝負強さがある。上位を打つ福田、石丸、南の出塁が鍵を握る。

 県立の進学校で練習量は少ないが、ベンチワークを含めた「組織力」(齋藤監督)が強み。昨秋の北信越は1回戦で完敗しており、接戦に持ち込み、勝機を見いだしたい。

部長紺谷 和弘
監督齋藤  滋
投 石丸 結大 2 171 69 右右
捕 南  恒希 2 165 64 右右
一 夛田新太郎 2 174 74 右右
二 山川  真 2 175 61 右右
三 前川  郷 2 170 68 右右
遊 橋本 駿生 1 159 55 右右
左 長谷部慎之介2 163 50 右両
中 福田 悠太 1 172 71 右右
右 下野 尚輝 2 176 66 右右
 ◎奥出 泰規 2 164 53 右右
  江川 凌平 2 161 51 右右
  高木  陵 2 175 67 右左
  東川 智貴 2 172 63 右右
  吉川 和希 2 179 65 右右
  多田 翔馬 1 168 62 右右
  多田 洵樹 1 170 59 右右
  吉田 智哉 1 174 70 右右
  梅田 優人 1 173 65 右右

※左から守備位置、名前、学年、身長、体重、投打。◎は主将。

関連記事