新潟県勢4チーム中トップの打率3割4分で、打ち勝つ野球を実践。2季連続4度目の北信越大会出場を果たした。

 打線を引っ張るのは、打率4割7分6厘と当たっている主軸の桜井。控えからスタメンに定着した白石は、7打点と勢いに乗っている。高木は打率4割近く、5盗塁をマークした。

 ほかにも碓井、大越、吉沢が打率3割超で切れ目なく、どこからでも打てる。代表順位決定戦を含め、6試合中3試合でコールド勝ちを収めた。

 投手陣は左腕碓井が軸。130キロ半ばの直球とスライダー、チェンジアップなどを組み合わせ、緩急を使い分ける。右の大越も外角を突いたスライダーを駆使。チーム防御率は0・94と安定しており、北信越大会でも、2人の継投になりそうだ。

部長安川 巧塁
監督安川  斉
投 碓井 蓮斗 2 174 71 左左
捕◎吉原 玲皇 2 173 81 右右
一 吉沢 一樹 1 181 86 右右
二 白石 圭悟 2 172 62 右右
三 藤村  司 2 174 69 右右
遊 高木 悠斗 2 161 60 右右
左 大越 皇輝 2 182 70 右左
中 水沢 壮真 2 175 70 右左
右 桜井 智裕 2 175 80 左左
  寺嶋琳太郎 2 179 75 左左
  大原 稜太 1 175 65 右右
  川井 涼汰 2 163 60 右右
  塩野谷拓音 2 173 80 右右
  高橋 瑛馬 1 170 67 右左
  石田 千真 2 168 68 右右
  瀬戸 景大 1 175 71 右右
  内山 良太 2 167 72 右右
  斎川 寛太 1 161 75 左左

※左から守備位置、名前、学年、身長、体重、投打。◎は主将。

関連記事