羽田発パリ行きエールフランス293便ボーイング777が今月8日の深夜、離陸した直後に通常ルートを外れ、皇居や東京駅などの東京都心の上空を低空で飛行していたことが11日、国土交通省への取材で分かった。

 同省によると、羽田空港を発着する航空機は本来、都心の騒音被害を避けるため、東京湾上空を飛行することが決められている。着陸をやり直した場合に都心を低空で飛行するケースはあるが、通常の離陸時は異例という。同省東京空港事務所は、エールフランスに説明を求めるなど詳しい経緯を調べている。

 293便は8日午後11時すぎ、羽田C滑走路を北向きに離陸した。

関連記事