安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』

 迷わず買いましたよ、買うでしょう! 世代ですから。いや、世代を超えて、シーンを牽引し続けた人の引退ですから。安室奈美恵……。今年はこの名前をメディアで目にするたびに、胸が締め付けられ、もはや心筋梗塞寸前。しかし時は来てしまった。というわけで、9月に惜しまれつつ引退した安室奈美恵の最後の全国5大ドームツアーのなかから、東京ドーム公演と沖縄公演をベースに、各地それぞれの公演を加えた3枚組の「特別版」をリリース。私はそのなかから、「洋楽」をテーマに編集されたという、名古屋公演バージョンを選びました。

 懐かしい映像も取り混ぜながら、新旧バランスの良い選曲で文句なしに楽しめる本作。ダンサブルな楽曲をベースに、ときに可愛く、ときに妖艶に。激しい動きにも息を切らさず、安定した歌声とダンスの両立は、いつもながら圧巻だ。

 彼女がライブでMCを行わない、というのはもはや、有名な話。そしてその「決まり」は、最終公演の今回も破られることはなかったようだ。今は、しゃべりあってのアイドル、みたいな存在がほとんどなのに、ここまで貫かれると、もはやすごみさえもって、その存在感が迫ってくる。見習えるものではない、誰にでもできることじゃない。ここまでストイックにパフォーマンスを磨き上げた、安室ちゃんじゃなければ。

 そしてやはり、沖縄公演に、万感が胸に迫る。ぎっしりと埋め尽くされた、宜野湾海浜公園の野外特設ステージ。ドローンが映し出す、会場と沖縄の景色。故郷でのパフォーマンス、どんな気持ちで臨んだのだろう─。安室ちゃん、今までありがとう。これからもずっと、私たちの心の女神です。

(avex trax初回限定版8148円+税)=玉木美企子

関連記事