福井国体総合閉会式で、笑顔と拍手で退場する選手らを見送る福井県選手団=10月9日、福井県福井市の9・98スタジアム

 福井しあわせ元気国体は10月9日、総合閉会式でフィナーレを迎えた。熱戦を繰り広げた全国のアスリートの活躍と笑顔は県民に勇気と希望を与え、選手たちは福井の声援やもてなしに心打たれた。全ての参加者が一つになった福井の祭典の感動は、全国から集まった選手や監督、スタッフらの心に刻まれた。

 最終日も福井県福井市の9・98スタジアム(県営陸上競技場)には多くの県民が訪れ、陸上選手を応援した。少年女子B走り幅跳びで6位入賞した長崎県の河俣明香選手(純心女子高1年)は「福井県選手に対する応援がすごく、県民の福井愛が伝わってきた。私も緊張せず楽しく跳べた」と笑顔を見せた。

 少年女子共通三段跳びに出場した長野県の宮澤歩選手(諏訪二葉高3年)は昨年の愛媛国体に続く出場で「昨年以上に声援が大きかった。小学生たちの声も力になった」。少年男子共通5000メートル競歩出場の滋賀県の片岡龍也選手(滋賀学園高3年)は「食べ物や飲み物のサービスが充実していて気持ちよく競技することができた」と晴れやかな表情だった。

 大会運営にも好意的な声が聞かれた。栃木県の相馬聡・陸上監督(40)は「台風に見舞われ大変だったと思うが、開会式で選手たちの待機場所を確保してくれたり、テントをいち早く撤去したり、臨機応変の対応はすばらしい。われわれ役員への連絡もスムーズで助かった」と評価。少年女子A400メートルで6位入賞した宮城県の及川真綾選手(石巻高2年)も「競技をサポートするスタッフの笑顔が印象的。丁寧で優しいサポートのおかげで目標の決勝に行けました」と感謝した。

 福井の食やもてなし、人との交流も選手たちに感動を与えたようだ。芦原温泉の旅館に宿泊した鳥取県の福冨雄太郎・陸上監督(51)は「アットホームな雰囲気で、選手たちもリラックスできた。非常によかった」。少年男子Aやり投げで7位入賞した富山県の大伴一志選手(南砺福光高3年)は「はぴりゅう広場の店員の方が笑顔で、対応もすごくよかった。ソースカツ丼、ボルガライス、羽二重餅、全部おいしかったです。近いのでまた福井に来たい」と笑顔を見せた。

関連記事