天皇杯を獲得し、解団式で喜びを爆発させる福井県選手団のメンバーたち=10月9日、福井県福井市の9・98スタジアム(福井県営陸上競技場)

 福井しあわせ元気国体(福井国体)で天皇杯を獲得する大活躍を見せた福井県選手団の解団式は10月9日、総合閉会式後の9・98スタジアム(福井県営陸上競技場)で行われた。選手や監督ら計700人以上が参加。力を合わせ、男女総合成績1位の大きな目標を達成した「チームふくい」のメンバーが互いの健闘をたたえ合い、スポーツの祭典を締めくくった。

 旗手を務めたフェンシングの徳南堅太選手(デロイトトーマツコンサルティング)は団長の西川一誠知事に団旗を返還。西川知事は「輝かしい成果を勝ち取ったのは、皆さんの福井県代表としての誇りと、強豪を相手にしてもあきらめない心からだと思う。一人一人の戦いが国体を心待ちにしていた県民に元気と感動を与えてくれた」と選手たちをねぎらい、「選手団はきょうで解散だが、今後もスポーツで県民を幸せにしてほしい」と呼び掛けた。

 徳南選手は「目標としていた天皇杯を獲得することができた。スローガンの通り、力と技と美しさを織り交ぜた試合ができたと思う。今後も福井県のスポーツにさらに注目してほしい」と晴れ晴れとした表情で話した。

 最後は藤田穣副知事の発声の下、全員で万歳三唱。天皇杯を得た喜びを爆発させた。式後、徳南選手は「福井県選手団の皆さんお疲れさまでした。そして福井県民の皆さん、温かい応援ありがとうございました。無事、天皇杯を獲得できました」と、目標達成を後押ししてくれた県民に感謝した。

 戦いを終えた選手たちはようやくリラックスした表情を見せ、なぎなた少年女子は「楽しかった」と笑顔。自転車チームはガッツポーズで喜びを表現した。

関連記事