第27回寛仁親王牌を制し胴上げされる脇本雄太=群馬県前橋競輪場

 競輪の第27回寛仁親王牌(G1)最終日は10月8日、群馬県前橋市の前橋競輪場で決勝(2035メートル、6周)が行われ、昨年12月のワールドカップ男子ケイリン金メダルの脇本雄太(福井・科学技術高出身)が2分54秒4(上がり9秒1)で制し、優勝賞金2890万円を獲得した。脇本はG1で、初制覇のオールスターに続く2連勝。

 脇本、三谷竜生(奈良)が前を取ったが、残り1周半から清水裕友(山口)と柏野智典(岡山)が主導権を奪った。続いた浅井康太(三重)は三谷にさばかれ後退。脇本は3番手につけ、最終バックを過ぎて一気にまくった。追走した三谷が2着、平原康多(埼玉)が3着に入った。

 払戻金は車連単が(5)―(7)で380円、3連単は(5)―(7)―(2)で1600円だった。

 ■自信持って仕掛けられた

 脇本雄太の話 レースへの対応は冷静だった。最終バックでは自信を持って仕掛けられた。僕にとって思い出深いバンク。そこで優勝できてうれしい限り。まだ強くなる要素があるので、修正して暮れのグランプリを取るつもりで調整していきたい。

関連記事