(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

 この映画をどのようにジャンル分けすればいいのでしょう? 本作の監督、三木聡さんは、日本映画界では他に類を見ない独特の世界観を持っていて、その作品はストーリーの展開、独特なセリフなど、単純に「コメディ」というジャンル分けをすることができない、「三木聡」というジャンルがぴったりです。そんな三木さんの世界観の中で主演とヒロインを務めるのは、阿部サダヲと吉岡里帆の二人。

 阿部演じる声帯ドーピングをしているカリスマロック歌手のシンは、ある日、吉岡が演じる声が小さすぎて全く歌が聞こえないストリートミュージシャンのふうかに出会います。そこから二人の物語が始まるのですが、多分今皆さんが想像をしているストーリーは、全くもって全然別の次元へと行っちゃいます! 自分たちの想像をはるか斜め上を行く三木監督のすごすぎる世界にどっぷりハマっていただきたい。

 さらに二人の主人公を囲む、個性的なキャラクターたちにも注目! 千葉雄大、麻生久美子、田中哲司、ふせえり、松尾スズキと超豪華な個性派俳優たちが嬉々として三木ワールドの中でお芝居をしているのがスクリーンから伝わってきます。シンが歌う、「人類滅亡の歓び」の作曲をL’Arc〜en〜CielのHYDEが担当しているなど、日本を牽引するアーティスト14組が参加したシビれる音楽にも注目です! ★★★★☆(森田真帆)

10月12日(土)から全国公開

監督・脚本:三木聡

出演:阿部サダヲ、吉岡里帆

関連記事