2年ぶり4度目の優勝を果たした青学大アンカーの竹石尚人=出雲ドーム

 2年ぶり4度目の優勝を果たし、記念写真に納まる青学大の選手。左端は原晋監督=出雲ドーム

 「大学三大駅伝」の初戦、出雲全日本大学選抜駅伝は8日、島根県の出雲大社前から出雲ドーム前までの6区間45・1キロで行われ、青学大が2時間11分58秒で、2年ぶり4度目の優勝を果たした。2位は12秒差で東洋大、2連覇を狙った東海大は1分33秒遅れて3位だった。

 青学大は1区の橋詰大慧が区間賞を獲得すると、2区以降も一度もトップを譲らなかった。東洋大は5区今西駿介、6区吉川洋次の連続区間賞で追い上げたが、及ばなかった。

関連記事