福井国体ボクシング成年男子ライトヘビー級決勝で強烈なパンチを浴びせる但馬ミツロ(左)=福井県福井市の福井県産業会館

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」は10月8日、福井県福井市の福井県産業会館でボクシング競技の各階級決勝が行われ、成年男子ライトヘビー級の但馬ミツロ(福井県スポーツ協会)が優勝した。

 ⇒【号外】但馬ミツロが優勝

 ⇒【D刊】もっと写真

 両肩のけがで約2年半ぶりの公式戦となったが、持ち味のスピードは健在。初戦となった6日の準々決勝、7日の準決勝とも相手を圧倒した。決勝では沖縄の選手を下した。

 愛知県出身。2017年度から福井県スポーツ協会の選手兼特別強化コーチを勤めている。国体では14、15年に愛知県所属で連覇している。

福井市
不死鳥のまち
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 一乗谷朝倉氏遺跡、養浩館庭園▽味覚 ソースカ…
ボクシング
体重別に分けられたライトフライ級からミドル級までの全8階級。成年種別は3分3ラ…
ボクシング
関連記事