福井国体ゴルフ少年男子最終日 ティーショットを打つ(右から)杉浦悠太、大谷元気、冨田幸暉=10月6日、福井県あわら市の福井国際カントリークラブ

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」は10月6日、福井県あわら市の福井国際カントリークラブ(6859ヤード・パー72)で、ゴルフ少年男子が行われ、福井が初優勝した。福井県勢としての国体ゴルフ優勝も初。

 ⇒【Web号外】はこちら

 チーム3人編成による1日18ホールの2日間、計36ホールで競い、福井工大福井高校単独で挑んだ。

 福井は6日、大谷元気がコースレコードタイの66をマーク。強風の中、杉浦悠太冨田幸暉も75、76としのぎきった。2日間合計のスコアは434。首位と7打差の6位からの逆転優勝となった。表彰台は14年の準優勝以来4年ぶり。 

あわら市
あぁ、あわら贅沢
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 あわら温泉、北潟湖▽味覚 越のルビー、松乃露…
ゴルフ
1チーム3人編成による団体戦。1日18ホール、2日間で合計36ホールをプレーす…
ゴルフ
関連記事