京都市の中学3年の男子生徒(15)が大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された事件で、生徒が学校で教師に大麻の使用をほのめかす発言をしていたことが5日、京都府警山科署への取材で分かった。

 生徒が校内でパイプを所持していたことも、市教育委員会への取材で判明。同署は、生徒が学校で吸った可能性もあるとみて入手先などを調べている。

 山科署によると4日、教室で生徒が脱力した様子でぐったりしており、大麻の使用をほのめかす発言をしたという。同日午後5時10分ごろ中学校から「様子がおかしい」と連絡があった。

関連記事