朝比奈沙羅選手

 10月6~8日に福井市の福井県立武道館で行われる福井しあわせ元気国体の柔道に、9月の世界選手権女子78キロ超級を制した朝比奈沙羅選手らトップ選手がエントリーしている。同大会で女子52キロ級の頂点に立ち、兄の阿部一二三選手と、きょうだい優勝を成し遂げた阿部詩選手らもイベントに登場し、世界最高峰の技を披露する。

 国体の柔道は5人の団体戦で、朝比奈選手は東京から出場する。世界選手権の男女混合団体戦で優勝した立川新選手は成年男子の愛媛に名を連ねる。初戦はそれぞれ6日午後1時、7日午後0時40分に開始予定。

 イベントは7日午前11時15分からあり、阿部詩選手と、リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級銀メダリストで世界選手権の男女混合団体戦を制した原沢久喜選手が登場。子ども対象の稽古も行う。記念撮影会があり、7日午前8時から整理券を100枚限定で配布する。

福井市
不死鳥のまち
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 一乗谷朝倉氏遺跡、養浩館庭園▽味覚 ソースカ…
柔道
体重別に男子は5人、女子は3人の選手によって構成されたトーナメント方式による団…
柔道
関連記事