台風25号の進路予報

 大型で強い台風25号は10月4日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。次第に速度を上げながら5日にかけて沖縄に接近し、雷を伴う荒れた天気になりそうだ。台風が予報円の中心を進めば6日午後には朝鮮半島をかすめて日本海に進み、7日午後には北海道・東北付近に接近する恐れがある。3連休にかけて列島の広い範囲に影響が及びそうだ。福井県で開催中の福井しあわせ元気国体は日程を短縮する競技があるなど早くも影響が出ている。

 日本の南にある秋雨前線が5日にかけて東日本まで北上する見通し。台風が暖かく湿った空気を送り込んで大気の状態が不安定になるため、台風接近前から落雷、突風、強い雨に警戒が必要だ。

 5日正午までの24時間予想雨量は多い地域で沖縄200ミリ、九州南部と奄美150ミリ、九州北部130ミリ。5日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄30メートル(45メートル)、奄美23メートル(35メートル)、九州北部22メートル(35メートル)、九州南部20メートル(30メートル)。波の高さは沖縄10メートル、奄美9メートル、九州北部8メートル、九州南部7メートル。

 台風25号は4日午前6時現在、沖縄・宮古島の南東約340キロを時速20キロで北北西に進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径190キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、中心の西側750キロ以内と東側560キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

 4日午前3時の観測で最大風速が44メートル以上ではなくなり「大型で非常に強い台風」から「大型で強い台風」に変わった。

 福井県で開催されている福井国体は台風24号で9月29日の開会式が雨にたたられ、30日からのセーリングなどが日程を短縮。高校野球は日程変更の影響で準々決勝で打ち切られ、準決・決勝が行われなかった。

 台風25号は気象庁が4日午前9時に発表した予報進路によると6日午前朝鮮半島をかすめて日本海に進む。予報円の中心は日本列島と離れているが、南寄りの進路となったら沿岸近くか上陸する可能性も残り、福井県内もかなり影響がでる恐れもある。

 福井国体では既に大野市で行われるカヌー競技のワイルドウオーターとスラロームを8日までの4日間の日程から6日までの2日間に短縮することを決めている。6日は陸上、軟式野球などの屋外競技も予定されている。交通が乱れると選手の移動や帰郷にも影響が出る。

関連記事