【論説】ノーベル医学生理学賞に、京都大特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)さんが決まった。体の免疫反応にかかわるタンパク質を突き止め、がん免疫療法に道を開いた本庶さんの功績は、基礎研究の重要さを改めて教えてくれる。

 本庶さんが見つけたのは免疫細胞にあるタンパク質「PD1」。免疫細胞は細菌やウイルス、がん細胞などを攻撃するが、PD1は過剰な攻撃を防ぐブレーキ役を果たしていると確認した。これを元に、PD1の働きを抑え、免疫細胞が存分にがん細胞を攻撃できるように開発された薬がオプジーボである。同時受賞のジェームズ・アリソンさんの研究も、同種の薬の開発につながった。

 これらの薬を使った免疫療法は、がんとの闘いの転換点となる可能性があり、歴史的意義を持つ。効きにくい患者が一定程度存在すること、オプジーボは価格引き下げが予定されているとはいえ高額なことなど、残る課題の解決が待たれる。ブレーキを抑える薬の臨床試験はさまざまに進められていて、治療の広がりを期待したい。ただ、今回の受賞に便乗し、効果不明の免疫療法が宣伝されることに専門家は警鐘を鳴らしている。注意すべきだ。

 注目したいのは、本庶さんが自らを「免疫も素人、がんも素人」と発言していることだ。本庶さんがPD1を見つけたのは1992年。発見は偶然で、最初からがんにつながるとは思っていなかったという。当初「何に役に立つか」は不明だったことになる。治療法に結びつくまで、そこからさらに長い年月をかけた積み重ねと、専門的な研究者の協力が必要だった。

 基礎研究の重要さは、日本人ノーベル賞受賞者が出るたびに強調されてきた。大切なのは、早急に成果を求められることのない自由な研究環境である。

 本庶さんは「生命科学は、まだ私たちはほとんど分かっていない。その中で応用だけやるのは問題」と述べた。過去の受賞者たちも、自身の業績を「本当に役立つのは100年後かもしれない」(大隅良典さん)「(何かに役立つというより)知の地平を切り開く活動」(梶田隆章さん)などと言い表した。一見、無駄かもしれない裾野の広い研究が存在してこそ、高い到達点が可能になる。

 日本の科学技術予算は応用研究に偏りすぎていると多くの研究者が指摘する。国立大学の運営費交付金は2016年度から、「地域貢献」「世界で卓越」など3分野で評価された大学に重点配分されている。成果が見えにくい基礎研究には不利な制度といえる。

 同交付金の総額も04年度の法人化以降減り続けた結果、全大学の40歳未満の教員割合は89年度の34・7%が16年度は23・6%に減少。逆に、国立大で立場が不安定な任期付き教員は人数、割合とも増え続ける。

 研究の場が、若者が夢を持てる状況ではなくなっている。「サイエンスは未来への投資」(本庶さん)と考える科学技術政策への転換が急務である。

関連記事