ラグビー成年男子決勝でトライを狙って走る福井の選手=10月2日、福井県小浜市総合運動場

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」は10月2日、福井県小浜市総合運動場でラグビーが行われ、成年男子の福井が初優勝を果たした。

 福井は体格の良い選手がそろい、下島廉人らの力強い縦突破を武器に決勝に勝ち上がった。決勝は熊本と対戦。細かくパスを回し堀口陽平のトライで先制すると、後半まで計6トライを決め、40-10で圧勝した。今年チームに加わった帝京大出身の内藤伸哉がMVPに輝いた。

 ⇒MVPの内藤伸哉選手を紹介

 福井は1日、前回王者・東京を破るなど3連勝で予選リーグを1位通過。準決勝では外国人選手3人が所属する秋田と対戦し、後半に連続で3トライを奪い逆転勝利した。

小浜市
「夢、無限大」感動おばま
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 明通寺、蘇洞門▽味覚 若狭ふぐ、鯖ずし【出身…
ラグビーフットボール
成年男子・女子が7人制で、競技時間は前・後半各7分(決勝のみ前・後半各10分)…
ラグビーフットボール
関連記事