関西電力大飯原発。右から4号機、3号機、2号機、1号機=福井県おおい町

 原発が安全に運転・管理されているかを監視する国の検査の新制度が2020年4月に導入されるのを前に、原子力規制委員会は10月1日、実際の原発施設で試験運用を始めた。同日は福井県おおい町の関西電力大飯原発で行い、1年半の間に全国計17原発で実施する。現行の検査は、決められた項目だけを確認する「チェックリスト方式」だったが、新制度では、検査官が施設にいつでも自由に立ち入り、設備やデータを調べ、現場の作業員に聞き取りもできる。

 現行の制度では、検査項目や日程などを電力会社に事前に通告し、立ち入りが制限されるエリアもあったが、16年に国際原子力機関(IAEA)から硬直的と指摘され、変更した。

 この日、大飯原発には、規制委の山中伸介委員らが視察に訪れた。視察の冒頭で、検査官や関電幹部らを前に「試験運用を通じて検査への実践力を培ってほしい」と述べた。その後、現在運転中の大飯3号機で、ポンプ室から出火したと想定して関電が消火訓練を行い、検査官が立ち会って検査。

 新制度では、検査官はチェックリストではなく、実務上の着眼点を詳細にまとめた「検査ガイド」を使う。検査ガイドは、運転管理や防災・非常時対応、放射線管理などの分野ごとに分かれている。1年半の試験運用で、検査ガイドの内容や検査の所要時間、自由に立ち入りをした際の問題点を洗い出して修正する。
 

関連記事