福井しあわせ元気国体に臨席される天皇、皇后両陛下=9月29日、福井県福井市の9.98スタジアム

 天皇、皇后両陛下は9月29日、福井しあわせ元気国体の総合開会式に臨席された。陛下は来年4月に退位されるため、両陛下にとっては最後の国体。雨の降る福井市の9・98スタジアム(福井県営陸上競技場)で、式典演技者が披露した熱のこもったパフォーマンスや堂々とした選手団の入場行進を拍手で激励された。

 両陛下は、福井市の県国際交流会館で関係者と会食された後、9・98スタジアムに入り観客から大きな拍手で迎えられた。雨が降るあいにくのコンディションの中、式典演技者が力いっぱいの演技を披露すると、これまでの努力を温かい笑顔でねぎらい、盛んに拍手を送られた。

 入場行進では、先頭の沖縄県選手団から最後の福井県選手団が歩き終わるまでずっと手を振られたり、拍手されたりした。胸を張って行進する選手ら一人一人を頼もしげに見つめられていた。

 西川一誠知事によると、両陛下は「この雨の中で(元気にやっている姿は)素晴らしい」と述べられたという。

 
関連記事