JR新大阪駅に掲示された山陽新幹線の計画運休を知らせる張り紙=29日夕

 台風24号の接近に伴いJR東海は29日、東海道新幹線東京―新大阪間で30日の下りは午後0時3分に新大阪駅に到着するのぞみ21号を、上りは午後2時13分に東京駅に到着するのぞみ16号をそれぞれ最後に、全てののぞみとひかりを運休すると発表した。

 これに伴い、JR西日本は山陽新幹線新大阪―広島間で下りは午後0時50分に広島駅に到着するのぞみ103号を最後に運転を取りやめる。上りはのぞみ16号が最後になる。広島―博多間では本数を減らし運行を継続する。

 京阪神地区では同日正午までに、全ての在来線で運転を取りやめる。天候次第で変更もあり得るとしている。

関連記事