台風24号の進路予報図

 大型で非常に強い台風24号は9月28日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。今後も勢力を維持したまま29日に沖縄・奄美、30日に西日本に進み、10月1日には北海道まで日本列島を一気に縦断する見通し。気象庁は暴風、高波や高潮、大雨に厳重な警戒を呼び掛けている。

 非常に強い勢力のまま日本に上陸すれば、関西空港に浸水被害をもたらした9月上旬の台風21号以来。1カ月に非常に強い台風が二つ上陸するのは史上初めてとなる。

 速度が遅い間は同じ地域で暴風雨が長く続き、速度が上がると接近につれて急激に風や雨が強まる。最新情報を入手し、家の補強などの対策や避難のタイミングを誤らないよう注意が必要だ。

 航空各社は29日の便で相次いで欠航を決めた。日航グループは、沖縄や鹿児島の空港を発着する便を中心に160便以上が欠航、1万人超に影響が及ぶ。

 29日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄50メートル(70メートル)、奄美45メートル(65メートル)、九州南部23メートル(35メートル)。波の高さは沖縄、奄美13メートル、九州南部7メートル。沖縄、奄美は30日にかけて猛烈な風やしけになりそうだ。

 沖縄、奄美は29日、雷を伴う猛烈な雨が降り、30日~1日は西日本から北日本にかけて大雨になる。29日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で沖縄300ミリ、奄美250ミリ、九州南部200ミリ、四国150ミリ、九州北部、東海120ミリ、近畿100ミリ。その後も全国的に降り続ける。

 気象庁によると、台風は28日午後3時現在、沖縄・宮古島の南東約280キロの海上を時速15キロで北西に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径560キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

 政府は28日、台風の接近に備え、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。関係省庁と情報収集などに当たる。

 台風24号接近の予報で、30日のセーリング競技が中止になるなど福井県で開催される福井国体に影響が出ている。福井国体は29日に総合開会式、30日から本格的に競技が展開される。29日は雨の予報が出ている。

関連記事