成年男子ポイントレース決勝(30キロ)で準優勝した荒井佑太=9月27日、福井県福井市の福井競輪場

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」は9月27日、福井県福井市の福井競輪場で自転車トラック種目が行われ、福井県勢は成年男子ポイントレース決勝(30キロ)で荒井佑太(科学技術高校職員)は21得点を挙げて準優勝した。

 荒井は「自分のスタイルを最後まで貫け悔いは無い」と胸を張りレースを振り返った。スプリント争いで点数をとるスタイル。メリハリのある得意な走りを展開、着実にポイントを重ねた。

 75周する長丁場のレース。終盤は集団から遅れそうになる苦しい展開。しかし「スタンドからの大きな声援が力になった」と奮起、最後まで粘り走り切った。

 「競技人生を考えベストな選択をし福井を選んだ」そう語る宮城県出身の荒井は「福井にもう一回流れを引き寄せるため、福井に来たからには力になれることだけを考えていた」と役目を果たし充実した表情を見せた。

福井市
不死鳥のまち
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 一乗谷朝倉氏遺跡、養浩館庭園▽味覚 ソースカ…
自転車
▼ロード一般公道を使用した特設ロードレースコースにより成年男子100~150k…
自転車
関連記事