台風24号の5日間予想進路(9月27日9時現在)

 大型で非常に強い台風24号は9月27日、沖縄の南の太平洋上を北上した。29日ごろには沖縄や奄美にかなり近づき、進路を北東に変えるとみられる。その後は30日ごろに九州へ接近し、日本列島を縦断する可能性がある。30日から1日にかけて北陸地方に近づき、進路によっては開催中の福井国体に影響が出る恐れもある。気象庁は、暴風や高波、大雨による土砂災害や河川の氾濫などに警戒を呼び掛けている。

 台風24号の情報はこちらから

 気象庁によると、28日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄で35メートル(50メートル)。海上もうねりを伴った大しけになるとみられ、波の高さは沖縄で11メートル、奄美で7メートルの見込み。沖縄を中心に28日から雨が強くなり、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがある。

 台風24号は27日午前9時現在、沖縄・宮古島の南東約550キロでほとんど停滞している。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径190キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、中心から半径500キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。

 沖縄などの離島を結ぶ琉球エアーコミューターは27日、与那国島を発着する全便の欠航を決めた。

 気象庁の5日間進路予報によると29日午前中から進路を右(北東)に変え九州から中国・四国から本州が大きな予報円の中に入っている。30日午後から1日未明にかけて関西から北陸に近づき、コースが本州直撃や日本海の沿岸沿いになると福井県で開催中の福井国体に影響が出る恐れがある。

 福井国体は29日に福井市の9・98スタジアムで総合開会式が行われる。30日は県内各地でサッカー、テニスなど14競技が行われる。ボート、セーリング、カヌーなど屋外で風雨の影響を受ける競技も多い。1日も16競技が予定されている。

関連記事