福井銀行(本店福井県福井市、林正博頭取)は9月25日、インターネットバンキングを利用した他行への即時振り込みを「24時間・365日」対応に拡大すると発表した。開始は10月9日午後から。

 サービス開始に合わせ、ネットバンキングに加え、現金自動預払機(ATM)の取扱時間も延ばし、平日夜間や休日も即時入金が可能になる。

 福井銀は、既に個人向けネットバンキングでは時間帯を問わず本支店間での即時入金が可能だったが、他行宛ても24時間対応とする。これまでは平日の午前0時から午後3時まで対応していた。法人向けネットバンキングも同様に、銀行間の振り込みがいつでもできるようになる。

 ATMでの本支店間、他行宛て振り込みについては、コンビニが平日午前7時~午後3時を、平日・休日の午後11時まで拡大。自行ATMは平日・休日とも夜間は午後9時まで延長し、顧客の利便性を高める。

 今回のサービス拡大は、金融機関同士の決済をオンライン処理する「全国銀行資金決済ネットワーク」のシステム稼働時間拡大に伴うもの。全国約500の金融機関が参加する。

関連記事