自転車女子チームスプリント予選でベストタイムをマークし、笑顔を見せる福井の柳原真緒(右)と中村愛花=福井県福井市の福井競輪場

 【福井しあわせ元気国体(福井国体)自転車】

 チームふくいに勢いをつける快走だった。自転車トラック種目最初の女子チームスプリント予選で福井(柳原真緒中村愛花)が57秒258のチームベストをマークし、初の決勝に進出。2人は「いい感じ」と好スタートに笑みを浮かべた。

 地元国体で「緊張していた」という柳原。最初のスタートでフライングした。昨年の愛媛国体は中村がフライングしており、小林郁弥監督が「落ち着いていけば大丈夫」と笑って声をかけた。

 2人は「あれで気持ちを切り替えることができた」。2度目のスタートに成功し、1周目は中村が先頭で好走。残り1周は後方で脚力をため込んだ柳原が内側から加速すると、トップスピードを維持してゴールした。

 プロの柳原は今夏にガールズケイリンデビューし、中村は日体大で中長距離を中心に活躍。脚質は異なるが「真緒さんはスピードがさらに速くなった」(中村)、「愛花ちゃんはスタートが良くなった」(柳原)と互いの成長を感じながらのレースだった。

 同じコンビで2016年岩手国体が6位、愛媛国体は3位。経験を積みながら強くなっている2人は、強豪東京との決勝に向け「優勝を勝ち取って福井県全体にいい流れを持ってきたい」と自信をのぞかせた。

福井市
不死鳥のまち
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 一乗谷朝倉氏遺跡、養浩館庭園▽味覚 ソースカ…
自転車
▼ロード一般公道を使用した特設ロードレースコースにより成年男子100~150k…
自転車
関連記事